前へ
次へ

増える新しい葬儀の形「家族葬」

最近「家族葬」を行う方が増えているようです。
家族葬とはその名前の通り、家族や限られた親しい身内のみで行う葬儀のことです。
そういえば、ここ数年で近所に家族葬を行う施設が建った、そんな方も多いのではないでしょうか。
わたしの住んでいる地域にもいろいろな施設が建ち、時代の流れを日々感じています。
家族のみでの葬儀を行う方が増えている理由としては、費用の負担を軽くしたい、家族で静かにお別れしたい、この二つが大きいようです。
とくに最期の数日間を家族のみで過ごしたいという方にはとてもおすすめです。
通常の葬儀だと、仕事関連の知り合いや近所の方などたくさんの人が参列するので、対応に追われることが多く、家族はゆっくりと悲しんでいる時間があまりありません。
一睡もせず葬儀が終わって初めて悲しみに浸る時間ができた…という場合も多いです。
最期のお別れなのにこれは悲しいですよね。
家族葬は、家族で故人との思い出を語る時間がたくさんあるのが魅力です。

Page Top