前へ
次へ

家族葬と直葬の違いを理解して申し込み

時々家族葬と直葬を一緒に考えてしまっている人が少なくありませんが、実は大きく違っているため、事前に確認を取ってどちらを実行するか決めてください。
家族葬とは家族で執り行う物で、家族だけではなく一部の近親者や友人が参列し、葬儀が営まれることを指します。
なお、香典については地方によって異なりますが、受け取る場合・受け取らない場合それぞれにポイントがあるため、事前に葬儀会社に相談して確認しましょう。
対して直葬の場合、通夜・告別式を行わず、火葬場に直接遺体を運び、僧侶などに来てもらってお経などを唱えてもらうことを指します。
内内で済ませることができるため、費用を抑えることにつながりますが、親族や友人などから後で参列したかったといわれる可能性も少なくありません。
そのため、なくなったことをはがきなどで後から知らせ、既に葬儀を済ませてあることを伝えることが必要となるやり方です。
火葬のみで行うことで遺族の経済的な負担を低減できるだけではなく、心身や時間の制約からも解放されやすいです。
対して家族葬の場合、ある程度きちんとしているけれど、お通夜・告別式両方実施されることがわかっています。
どんなやり方で行うことが亡くなった人への供養となるのか、あらかじめ確認してから申し込みましょう。

Page Top