前へ
次へ

家族葬が増えている理由について

お葬式は大々的に行うと、参列者はたくさん来てくれるものの遺族は気疲れしてしまいます。
また香典返しや食事などの準備も大変です。
故人が亡くなり悲しみに暮れている状態で他人に気を遣い忙しいのは、参ってしまうものです。
そんなにたくさんの人にお悔みに来てもらわなくても良いという考え方も増えてきました。
そこでよく見られるようになったのが、家族葬です。
親しい身内のみで小規模な葬儀を行います。
気心知れた身内だけであれば、気を遣うことも少なくて済みます。
当然のことながら、葬儀にかかる費用も安くなります。
家族葬であれば、受付などを用意する必要もありません。
家族で故人の思い出に浸り、静かに落ち着いて見送ることができるのです。
家族葬の形もさまざまで、中には僧侶を呼ばないスタイルも見られます。
参列者は少なくとも、故人が大好きだった花で会場やお棺を埋め尽くすといった葬儀も良いものです。
遺族みんなで話し合い、ベストな方法を考えることが大切です。

Page Top